安曇野 設計事務所の家つくり
studio03.exblog.jp

設計事務所の仕事とその周辺
Profile
建築設計studio03
〒399-8305
長野県安曇野市穂高牧160-3
TEL/FAX 0263-83-7903
★問い合わせ★
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ブログジャンル
明日OPEN!『メガネのナガタ・塩尻店』
d0008402_16315727.jpgd0008402_16321870.jpg


d0008402_16324553.jpgd0008402_16325899.jpg


ブログのトップに『安曇野の住宅設計なら』と書いていますが、最近、店舗物件が続い
ている、建築設計studio03です。

先日のカフェバーに続き、今回はJR塩尻駅近くに『メガネのナガタ・塩尻店』がリニュー
アルオープン致します。
工事期間が約一週間(これでも最大限延長して頂きました)と短く、限りある予算の中
で、どのように効率良く仕上がるかという事を念頭に置きながら設計を進めました。

以前の店舗は、昼間照明を点けているのに薄暗く、営業しているのか判らない印象で
した。店内は白基調で一見明るい色で、沢山の蛍光灯が使用されていたのですが、お
店の方さえも暗いと仰っていました。また、奥行きが無い為広がりがありませんでした。

予算を考えると、床・壁・天井全てに手を加えると、ただクロスを張り替えました、床を
換えました、という薄味な改装になってしまいます。
そこで、改装のメインになる物を考え、それを中心に設計から予算組みまでを進めます。
また、上記の問題点については、以前使用していたクロスが青味がかった白で、そこに
真っ白い蛍光灯が当っていた為、暗い印象を与えていたのでした。実際は暗くは無いの
ですが、見た目が暗かったのです。それを解消する為に、仕上げの色を暖色系のもの
に換え、蛍光灯についても電球色に変更しました。これにより明るい印象の店内になり
ました。奥行きが無い点については、什器を兼ねた壁を鏡張りとし、広がりを持たせまし
た。

さて、改装のメインですがオリジナルの什器をデザインし、それを店内に入ってすぐの
位置の左右に配置し、その中の床を茶色にした部分を接客スペースとする計画としま
した。(それ以外の床は既存のまま)

d0008402_17202634.jpg










【オリジナル什器】

この什器は、Tの字のくもりガラスに透明の棚板を付けたもので、金物を使っていないた
めメガネが浮いているように見えるスッキリとした物です。
こうして、使用できるものは、色を換えたり、一部変更するなどして使い、店内中央をメ
インのスペースとするメリハリのある店に生まれ変わりました。

【メガネのナガタ・塩尻店】
住所:長野県塩尻市大門八番町3-1(八番町交差点カド・セブンイレブン向かい)
定休日:ナシ
駐車場:近隣にあり
[PR]
# by studio03 | 2005-08-05 17:43 | ショップデザイン
開店!『カフェバー・エンゼル』
d0008402_2124953.jpgd0008402_213969.jpg


d0008402_20373248.jpgd0008402_20374659.jpg


前々回お知らせしたカフェバーがついに明日(7/25)、正式オープンします。
先だって行われたプレオープンイベント(7/23)に参加させて頂きました。この日は、
30年間喫茶店を続けてこられたお母さんの誕生日であり、大安という事もあり、と
てもいい日にスタート出来たと思っております。

実はオープン日は決まっていたものの、夜バーを担当する姉妹の内お姉さんが、設
計当初は海外に留学中という状態で始まりました。帰国はオープンの2ヶ月前という
ことで、見積・工事期間を考えると帰国してからの設計開始だと時間がありませんで
した。
そこで、図面や参考になる写真などをメールでやり取りし、ある程度の計画を帰国前
にまとめ、その後模型や実際会っての細部の詰めを行うというスケジュールでした。

工事が始まってからも、店内の壁を友人・知人に手伝ってもらいながら自分達で塗っ
たり、店の顔となる入り口の戸を建具屋さんの工場にまで行って打ち合わせたりと、
店の準備をしながらのバタバタとしたものでした。

しかし、その甲斐あってかとても雰囲気のいいカフェバーがここ安曇野に誕生したと
思います。カクテルの数は100を超え、料理も美味しいものでした。
昼はこれまで通りお母さんが喫茶店として、夜は娘さん達がカフェバーとしてこれか
ら営業していきますので、是非昼と夜の雰囲気の違いをお楽しみ下さい。ご来店お
待ちしております。

【カフェバー・エンゼル】
住所:長野県南安曇郡豊科町大字豊科5925-2(R147新田交差点北に200m)
営業時間:10:00~17:00(カフェ)
       18:00~24:00(バー)
駐車場:店舗1Fに有り
[PR]
# by studio03 | 2005-07-24 21:13 | ショップデザイン
建築士会~関ブロ群馬大会~
d0008402_20173180.jpgd0008402_2018987.jpg


6/17・18に群馬県の伊香保に行って参りました。
というのも、昨年暮れに建築士会というものに入会したのですが、その
建築士会の関東ブロックの会合(?)が群馬県で行われ、地元の諸先
輩方に誘われ参加してきました。

内容は、各都県・各支部の一年間の活動の場の発表を行うというもの。
その内容は、耐震についての実験や、歴史建物にまつわる調査等々、
建築に関するもの全般。また、初の試みとして実際にある敷地を想定し
てのコンペも行われました。

それに絡めて、群馬のキモチイイ建物を幾つか見てまわりました。

先ずは、伊香保グリーン牧場内にある、磯崎新設計の『ハラ ミュージア
ム アーク』。三つのギャラリーで異なるテーマの企画が催されておりま
した。その内の一つに草間彌生のインスタレーションがありましたが、そ
の内容は建築を上回るものでした。必見の価値ありです。

次に、原広司+アトリエ・ファイ建築研究所設計の『水沢うどん大澤屋 
遊喜庵(茶室)』。私設なので写真は載せませんが豪華なものでした。

最後に、少し伊香保とは離れますが、ヨコミゾマコト設計の『新富弘美術
館』。手足の自由を失った、星野富弘の作品を展示した美術館。正方形
の中に、20数個の円筒を設置したプラン。

いくつかの建物を見学し刺激を受けて帰路につきました。きついスケジュ
ールでしたが、有意義な週末でした。
[PR]
# by studio03 | 2005-06-21 20:49 | スタジオゼロサン
この夏、オープン!
d0008402_1235513.jpgd0008402_1236348.jpg


今年の初め頃から少しづつ進めていたカフェバーの計画が、現在
実施設計真っ最中です。

喫茶店として30年間お母さんが昼間営業してきた店を改装し、昼は
今まで通り喫茶店として、夜は2人の娘さんがカフェバーとして営業
する事となりました。

ポイントはこれまでの喫茶店と夜のカフェバーの雰囲気をどう融合さ
せるかという事。
図面に書くだけでなく、内観の模型を製作し、検討していきます。これ
は、図面と頭で描いていた物の確認作業になります。また、お客さん
に対しては図面として2次元でしか分らなかった物を3次元で示す事
が出来、計画をより一層理解して頂けます。

最近、医療の現場で『インフォームドコンセント』という言葉が取り上げ
られておりますが、私達も建築というお金も時間も掛かる行為に対し
て、少しでもお互いの誤解や不安をなくすために色々な方法で説明す
るように心掛けています。

梅雨入りした安曇野ですが、初夏オープンに向けて作業を進めてい
ます。
[PR]
# by studio03 | 2005-06-19 13:16 | ショップデザイン
自邸プレイバックPART8~地鎮祭~
d0008402_10595186.jpg


家の建つ位置の伐採・伐根が終わった所で地鎮祭を行います。
別名『とこしずめのまつり』とも言い、土地の神様に祈りを捧げ、
工事の無事と施工関係者の安全を祈願するものです。神主さん
のお払い等の後に土地の四方を鬼門から祓い清めるため、塩・
お酒・水でお清めします。そして、施主や施工者による鎌入れや
鍬入れを行い、参加者全員で玉串を祭壇にお供えし、2礼2拍手
1礼をします。
簡単に書きましたが、このような流れで、式自体は30分程で、終
了します。

d0008402_17512171.jpg












【鬼門柱:建物上棟まで設置】

[PR]
# by studio03 | 2005-06-13 17:53 | house03
自邸プレイバックPART7~大木伐採・伐根~
d0008402_1913030.jpgd0008402_19131117.jpg

d0008402_19132258.jpgd0008402_19133513.jpg


見積もりがほぼ固まった所で、プロによる大木の伐採・伐根に入ります。
なるべく樹は切らない予定ですが、計画地が松林の先の川沿いに面し
ている為、資材の搬入路の確保の必要があります。ここはそのまま、電
気・電話・水道・CATV等のライフラインの経路としました。当初は、景観
も配慮しこれらの地中埋設も計画したのですが各種の制約と費用の関
係で、断念しました。その代わり敷地内に立てる電柱はその数を減らし、
且つ目立ちにくい所に設置しました。

背の低い雑木の伐採は素人にも道具があれば出来ますが、さすがに高
さ10mを越えるような木は電線に掛かる恐れや、思わぬ方向に倒れる危
険があるため、プロの手に委ねました。また、伐根も怠ると基礎工事に影
響が出たり、配管の不具合に繋がる為ここでしっかりと行います。
こうして倒された木は材木市場に運ばれ、構造材や下地材として利用し
て頂きます。そうする事で、切った木を無駄にする事無く済みました。

しかし、話を聞くとここ最近は安い外材の影響で、切り倒されたまま(搬出
にかかる手間の方が大きいので)になるケースもあるようです。建築に携
わり、木を使う立場としては考えさせられる問題です。

※松の木に巻いた赤いテープは『伐採しないで残す』という意味です。
[PR]
# by studio03 | 2005-06-08 19:32 | house03
左官の講師@素人
d0008402_20482344.jpg

土曜日に知り合いの工務店でイベントが開かれました。
そのお手伝いをしてきました。

内容と言うのは、『壁塗り体験コーナー』で珪藻土の塗り方を来場した
一般の人たちに教えるというもの。去年に続き2度目の参加です。素
人が素人に教えるのもどうかなぁなんて思いましたが、素人の立場か
らのアドバイスの方が分り易い所もあると思い、当日はコテと材料以
外は100円ショップなどで揃えられる物を持参し、講師として頑張って
きました。

来る人は大人から子供まで様々でしたが、どちらかと言うと子供の方
が物怖じしないで壁塗り体験をしていました。大人の方は多分何となく
のイメージで難しそうと思ってしまうみたいです。それに比べて、子供
は皆、面白そうと言う顔でコテを動かしていました。出来よりも過程を
楽しんでいるんだと思います。

この日は、壁塗り体験の他にビー玉のパチンコ台やベンチやプランタ
ー等を大工さんたちが直接教えながら組み立てていたり、高所作業車
で上空の景色を見たりと、あまり商売っ気の無いイベントで楽しかった
です。
[PR]
# by studio03 | 2005-05-31 21:03 | スタジオゼロサン
自邸プレイバックPART6~ダイクノチカラ~
d0008402_1712649.jpg









【奮闘中の棟梁】


前回、相見積もりをしなかったと少し触れました。
というのも、この棟梁というのが人柄も良く、コチラの注文にも幾つもの答えを持って
応えてくれる方で、『出来ない』という言葉が出てこない。こういう人との家つくりは楽し
いものです。知り合って2年位になりますがその時から『出来ればこの方に』というの
がありました。

念願かなって担当してもらっているのですが、出来る限り棟梁一人で建てて下さいな
んて注文をしているので、30坪に満たない住宅ですが通常より期間が掛かってます。
上棟時に手伝いで3人程来て頂きましたが、それ以外は殆ど一人で作り上げていま
す。その作業を見ているとただただ『すげぇ~』と思います。

※『出来ない』とは言われませんでしたが『面倒くせぇ』とは何度も言われてます。(笑)
  棟梁、頼りにしています。完成まで宜しくお願いします。
[PR]
# by studio03 | 2005-05-20 17:23 | house03
自邸プレイバックPART5~実施設計・見積~
d0008402_1972465.jpg









【各業者見積書】

基本設計が終わり、工事に必要な図面を何十枚も書き上げます。そしてその
実施設計で作成した図面を基に見積もりを依頼します。

いつもはここで、2~3社の工務店に相見積もりをお願いするのですが、今回、
自邸兼事務所ということで、違う形をとりました。というのは、以前studio03で
『塩尻の家』というのを設計監理させて頂いたのですが、そこを担当して頂いた
棟梁にどうしても自分達の家を作って貰いたかったからです。

とはいっても、木工事以外の工事(設備工事・電気工事・サッシ工事等)は棟梁
には出来ません。そこで、各工事については施主(私達)が直接発注する、直
営という形を取りました。これは費用を抑える事が出来るのもありますが、見積
もり時点から、工務店ではなく各工事のプロと細かい打ち合わせがしたかった
という点が大きいのです。

これにより普通なら無理と言われるような事も実現出来るようになりました。家
つくりは設計者一人では当然出来ませんし、施主・大工一人でも出来ません。
いろいろな人に協力してもらって完成するのですが、今回改めて各業者さんの
力を確認出来ました。
[PR]
# by studio03 | 2005-05-16 19:28 | house03
安曇野◆川巡り◆
d0008402_19362983.jpg









【わさび田の3連水車】

先日、ひつじ屋さんに誘われて、わんだあ えっぐ さんの体験川下りに参加させて頂きまし
た。普段なかなか見る事の出来ない位置からの安曇野の景色を『わんだあ えっぐ』のくま
さんのガイドの下、楽しんできました。ボートの上から眺める安曇野はゆったりとして、騒音
などが聞こえてこない(気にならない)優雅で贅沢なものでした。

くまさんのガイドも楽しく、途中合流する川の名前やポイントなども詳しく教えてもらえます。
夏には流れの緩やかな所で川に飛び込んだりも出来るそうです。この日はまだ水も冷たく、
天気もあいにくでしたが、真夏の暑い日にはとても気持ちよさそうです。また、水も綺麗で、
この綺麗さを保つ為に自分達も協力しようと思えるガイドもしてもらえます。
帰りには、くまさんが教えてくれた川の名前(この日は合計7つ)を当てるクイズをやったり
と、楽しい3時間弱のツアーでした。

夏に向け、『ひつじ屋』と『わんだあ えっぐ』の共同企画も進行中ですので、今年の夏休み
は安曇野の自転車&川巡りをして、7つの川の名前を当ててみてください。
[PR]
# by studio03 | 2005-05-14 19:57