安曇野 設計事務所の家つくり
studio03.exblog.jp

設計事務所の仕事とその周辺
Profile
建築設計studio03
〒399-8305
長野県安曇野市穂高牧160-3
TEL/FAX 0263-83-7903
★問い合わせ★
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ブログジャンル
カテゴリ:スタジオゼロサン( 142 )
前沢パッシブハウス 宿泊体験
チャンスに恵まれ、黒部の『前沢パッシブハウス』に宿泊体験する事が出来ました。
普段住まいの設計を主としている事もあり非常に興味が有りました。
d0008402_19043453.jpg

『前沢パッシブハウス』はYKKが黒部に建てたモデルハウスです。
国産の実売されているサッシを用いて(一部特注品有)、建物に高い外皮性能を
持たせる事で、冬季の日射取得と夏季の日射遮蔽をコントロールし、より少ない
エネルギーで非常に快適な空間が創られていました。

当日は現地に担当者の方がいらっしゃり、建物について丁寧な説明を頂き、私達の
マニアックな質問にも答えて頂き、とても為になるものでした。外回りから内部、
更には地下空間にまで案内してもらい、包み隠される事なく細部まで見学出来ました。
d0008402_19135090.jpg
この建物、何よりも驚きなのが、非常に高い断熱性能・気密性能のお陰で冬季には
40坪強有る建物内部の温熱環境を、高基礎にした地下空間に設けた10畳用の
エアコン一台のみでコントロールしています。
勿論、日中に南面(全面トリプルガラスのAPW430)から取得した太陽光を上手に
利用もしています。

d0008402_19265895.jpg
それにしても到着した16時過ぎも夜も、一晩過ごした次の日の朝の室温もほぼ変化ナシ。
その室音差は建物内部でも1階の寝室、中2階に当るリビング、2階の寝室でも
有りません。(外部は7時の時点で5.9℃)
d0008402_19272354.jpg
普段使用している持参した温室時計で測定したのですが、湿度が30%台と少し
乾燥気味でしたが、これはモデルハウスとしての特性上(竣工後、ずっと数値測定を
しているそうです)、キッチンの使用が不可だった為、3度の煮炊きをしていないという事が
影響しているのかな、と思いました。浴室は使えました。(これも快適)
普通に家族が生活を行えば、さらに快適な環境になると予想されます。

また体感して驚いたのですが、内部の床は杉の無垢、タモの無垢、タイルと3種類が
使用されていたのですが、どの床を踏んでも温度差が無いのです。


この建物、昨今よく聞くZEHのレベルを遥かに超える性能を装備しています。
寒い地域では薪ストーブを入れれば、暖かさの確保は出来るかもしれません。
それには100万円を超える導入費用と、毎年の薪の確保に掛かる労力と時間、更にまた
費用が掛かります。また夏季、温暖な地域ではエアコンを設置しての冷房を考えなくては
なりません。
この『前沢パッシブハウス』では年間の冷暖房費はなんと約¥35,000-だそうです。

この性能を装備するには相応の施工費用が掛かっているのが容易に想像出来ますが、
それでもこの快適性と維持費、地球環境を考えた上でのクリーンさには非常に魅力を
感じました。

またこの様な建物を企画・建築し、データを採りつつ、私達に広く公開している
YKKという企業にも非常に好感を抱きました。
なかなかこのブログだけでは伝えきれない位の経験でした。今後の仕事にも
とても役立てる事が出来る宿泊体験でした。ありがとうございました。

[PR]
by studio03 | 2018-03-26 09:00 | スタジオゼロサン
空き家相談
d0008402_16355158.jpg
今年度、安曇野市では2ヶ月に1度の割合で『空家相談会』と題して、空き家に関する
管理・売買、賃貸等の利活用、調査点検、リフォーム、解体、相続や権利関係などなどの
空家に関する悩みや相談を聞く会を開催しました。
建築士会安曇野支部では市からの委託を受けて、その相談に協力して参りました。

機会が有り、私はこの所、立て続けに相談員として出席しています。
そこでは普段の建築の分野の話より、相続や不動産、管理、解体の内容が多く、
相談者の方々の苦労が窺えます。

相続や不動産に関しては個人的に何度か経験している所も有り、その辺りの体験談を
含めてお話しする事により、少しはお役に立てているかな、と思う所が有ります。

この相談会は無料で行っている事もあり、会を重ねる毎に枠がすぐ埋まってしまう状況の
様です。市の担当者の方の話しでは来年度も引き続き行うようですので、ご興味ある方は
『広報あづみの』をチェックしてみて下さい。

お急ぎの場合には私共の事務所でもお聞きしますのでご相談下さい。


※ご存知ない方が意外に多かった点のアドバイスとして

相続手続に関して、放棄・限定承認に関しては3ヶ月以内、申告は10ヶ月以内、です。

ご注意下さい。


[PR]
by studio03 | 2018-03-22 17:00 | スタジオゼロサン
既存住宅インスペクション
d0008402_10324279.jpg
中古住宅の流通促進の動きが活発化しています。

2018年4月(あと数日)からは「改正・宅地建物取引業法」が施工され、
その目玉となるのが、インスペクションの活用を売主・買主に促すというモノ。
売主・買主双方が売買時点での建物の状況を相互に把握する事で、物件引渡し後の
トラブルを無くす事や、買主にとっては住宅取得費に加えて、購入後、補修等に
掛かる費用の目安を立て易くするという利点が出て来ます。

そうする事により、今まではその建物の状況が分からない中での現状販売だった物が
取得時にどういう状況かを把握した上で購入出来状態になるので、住宅ストックの
利活用が増えるのでは?と予測されます。

事実、ここ数年で中古住宅購入前の相談も増えてきています。
耐震診断や空き家相談と並んでインスペクション業務と、中古住宅を取り巻く
状況が変わりつつ有ります。

[PR]
by studio03 | 2018-03-14 11:01 | スタジオゼロサン
支部研修旅行 '18春
d0008402_09314412.jpg
春恒例の支部研修旅行に参加しました。
今回は、静岡~神奈川方面。

『秋野不矩美術館』:藤森照信
『資生堂アートハウス』:谷口吉生
『このはなアリーナ』:内藤廣
『アサヒビール神奈川工場』:安藤忠雄

その中でたっぷり時間を取ったのは、アサヒビールでの製造工程を
案内付での見学。普段美味しく飲んでいるビールの出来るまでを
工場内に入って詳しく説明を聞き、最後には出来たての樽生ビールの
試飲(しかも3種類)させて頂きました。

近場なので油断していましたが、初日に静岡県を西から東へ横断。
2日目は富士山を横目に見ながら神奈川から中央道周りで、
まさに駆け足のような旅行でした。

[PR]
by studio03 | 2018-03-08 09:46 | スタジオゼロサン
『ツミキノチカラ』10年振りの・・・
d0008402_20163329.jpg

先月末、『第30回長野県青年女性建築士の集い』が安曇野市豊科公民館で
開催されました。
地元開催の今回、私の所属する建築士会安曇野支部では1年半で実に7回も
行った積木ワークショップの活動の内容とそれを通じて伝えて行きたい想いを

               『ツミキノチカラ』

というタイトルで、発表者の中村滋宏さんが熱く表現してくれました。
発表の準備も長い時間を掛けて支部の若手を中心に、更には歴代青年委員長の
協力も得て造り上げた結果、10年振りに最優秀賞を戴きました!

発表と大会の準備で、ナカナカに大変な日々が続いていましたが、
疲れが一気に吹き飛んだ夜に飲んだお酒はとても美味でした!!

次は長野県代表として関東ブロック栃木大会に向け、頑張ります!






[PR]
by studio03 | 2018-03-05 20:43 | スタジオゼロサン
省エネ 施工技術者講習会
d0008402_21403751.jpg
毎日、怒涛の忙しさでblogが後追いになっています。

先日、『住宅省エネルギー 施工技術者講習』を受講して来ました。
3年前には『設計者講習』を受講しているのですが、今回は施工者側の講習会。
何故受けたかというと、現場監理の際に細かい部分のチェックに必要なのでは?
と感じた事。

設計中、机上で図面化したものが全ての現場・全ての施工箇所でその通りには
納まりません。その場合、現場レベルでの対応が必須。その際、必要になるのが
施工者の技術レベル。

またZEH、Q1、HEAT20など、建物の省エネ化に向けて常に技術は進化しています。
しかし毎日の作業に忙しい、全ての技術者・職人が最新の情報を得て、現場に
反映しているとは限りません。
そういう時に、設計者が施工技術も網羅していればプラスになる事は有っても
マイナスになる事は有りません。実際、受講してみると情報が古い所も有りますが、
全体的には設計者が受講するべき内容のものがとても多いです。

時間が半日と短く、講師の方の説明だけではどうしても駆け足になってしまいますが、
配布されるテキストやDVDも興味深い物です。

設計者講習よりも現場監理には役立つ内容です。設計者の受講、オススメします!


[PR]
by studio03 | 2018-02-07 08:00 | スタジオゼロサン
2018 今年も宜しくお願いします。
d0008402_08513143.jpg
新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。


始動に当たり、地元の神社『有明山神社』にお参りしてきました。

参拝を終えたところ、神社の方に声を掛けて頂き、普段は鍵の掛かっている
神楽殿の、81枚からなる『神楽殿格天井絵』を拝見する事が出来ました。

さらに普段はスルーの御神籤を引いた所、なんと大吉。

良い一年の幕開けとなりました。






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by studio03 | 2018-01-09 09:08 | スタジオゼロサン
安藤忠雄展~挑戦~
d0008402_19040342.jpg
週末はお江戸、国立新美術館で開催中の『安藤忠雄展~挑戦~』に行って来ました。
2008年、ギャラリー間で観た『住吉の長屋』以来の1/1原寸大の展示、『光の教会』。
d0008402_19062678.jpg
その他にも直島のインスタレーションやこれまでの仕事や進行中のプロジェクトまで
模型や実施図をこれでもかと展示する会場。
開場時間に合わせて出掛けたのに、業界関係者から学生さん、はたまた一般の方々まで
溢れかえる人の多さに安藤ケンチクの懐を感じます。

たっぷりと時間を取って、ぶっちゃける安藤氏の音声ガイダンスを楽しみました。
『施主に賞をあげるべき』『安藤さん、屁理屈言うな』は、必聴。
d0008402_19232729.jpg

その後はこれまた行ってみたかった、ブルーボトルコーヒーへ。
シンプルでローコストの空間に商品への自信と威力を感じました。
d0008402_19265967.jpg
その後ミッドタウンや21_21 DESIGN SIGHTを見て廻り、
d0008402_19294377.jpg
目黒に移動した後は、これまた一度行ってみたかった家具屋通りを
ブラブラとしてお腹イッパイのオノボリサンとなりました!









[PR]
by studio03 | 2017-11-28 08:00 | スタジオゼロサン
既存住宅状況調査・実地講習会
d0008402_07494787.jpg
週末、佐久市で開かれた『既存住宅状況調査・実地講習会』に参加しました。

既存住宅状況調査:いわゆるインスペクションと呼ばれている業務。

建築士会佐久支部さんの支部内の講習という事で企画したものを受けさせて
頂きました。これから中古住宅の売買時に採用される機会が増えるであろう調査を
実際の建物を使用しての講習会は、資料やパワポで座学で学ぶより、更に理解が
深まるという点でありがたいものでした。

これまでにも数軒、中古住宅購入時のホームインスペクションを行いましたが、
その建物毎に調査できる範囲や内容が異なる事もあり、その場その場での臨機応変な
対応が必要になる調査です。
既に海外では中古売買時のインスペクションは売主負担で、その修繕まで行う事が
決まっている所もあります。日本ではまだまだその入口に立った位ですが、
専門の知識を持った建築士が住宅診断を行う事で、中古住宅市場の活性化や
空き家ストック解消へ弾みが付きそうです。



[PR]
by studio03 | 2017-11-21 08:30 | スタジオゼロサン
ワークショップあれこれ

ワークショップ
学び創造問題解決トレーニングの手法である。参加者が自発的に作業
発言をおこなえる環境が整った場において、
ファシリテーターと呼ばれる
司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される
形態が
ポピュラーとなっている。(wikipediaより)

この所、ワークショップが続いている。

通常の仕事としては、依頼された住まいや店舗の設計を行い、その工事の
監理を行っている。そしてその延長としてのワークショップも有れば、
所属している団体(建築士会・建築士事務所協会)への協力という形での
社会貢献活動に近いで参加するワークショップも増えている。

そんなここ最近行ったワークショップをを纏めてみた。


『壁塗りワークショップ』

d0008402_14470520.jpg

先日完成した『Ron's cafe』の店内の壁を、オーナーの知人・友人に
参加してもらっての壁塗り作業。材料の特徴や性能を説明し、塗り方のレクチャーを
行いながら、内装を仕上げていくという作業。完成後はその出来を気にしながらも
それぞれ仕上た壁に愛着が湧き、集客にも繋がるという利点も。


『コンテスト応募の為のワークショップ』

d0008402_14565740.jpg

高校の建築科の生徒さんを対象に行った、ワークショップ。
2週に渡り行い、課題の説明や読み込み、キーワードの選定やエスキスの指導。
ワークショップの合間には私達の仕事の一例を出しながら、コンテストへの
取り組みを説明した事で、目指す業界の実務を少しは伝えられたような。


『施設建替の為のワークショップ』

d0008402_15053928.jpg
大規模な予算で行う事業の設計条件の洗い出し。
関係者が多数いる中で、それぞれの要望・条件をピックアップしながら整理し、
諸条件の問題点や展望をパターンランゲージによって導き出しました。


『積木ワークショップ』
d0008402_15165828.jpg
安曇野市で取り組んでいる松枯れの仕組みと現状・対策、その際に発生する松枯れ材や
それ以外の地元材の利用促進等を周知する事を目的の一つとして製作した2万個の積木を
使ったワークショップ。
小さな子やその保護者の方達を対象に、積木のスピード積み上げ競争や地元の山で
起きている問題を子供達にも分かりやすく説明する為の紙芝居。最後には2万個全てを
使った巨大積木の完成・崩壊までを楽しむ。


各回、ファシリテーターとして参加したのですが、如何に前向きで建設的な意見を
引き出していくかが、鍵となる重要な役目だと改めて実感。
いつもの仕事とはまた違った体験ですが、これを普段の作業にもフィードバック出来ると
気付いた貴重な体験でした。





[PR]
by studio03 | 2017-10-16 15:21 | スタジオゼロサン