安曇野 設計事務所の家つくり
studio03.exblog.jp

設計事務所の仕事とその周辺
Profile
建築設計studio03
〒399-8305
長野県安曇野市穂高牧160-3
TEL/FAX 0263-83-7903
★問い合わせ★
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
以前の記事
ブログジャンル
上棟式
d0008402_17295284.jpgd0008402_1730486.jpg


17日の日曜日に先日合併を果たした松本市で、設計協力をさせて頂いたお宅で上
棟式があり、伺ってきました。
当日は、建て主の親戚の方や工事関係者の人達が集まり、工事の無事完成を祈り
建て主主体で棟梁をはじめとする職人さん達を慰労して頂きました。これを受け、工
務店の方が祝い歌を披露してくれて式が盛り上がり、建て主の方も嬉しそうでした。

建物は木造2階建ての2世帯住宅で、敷地内に元々あった納屋と居住中の家屋を
一部壊し、新築します。これは建て主のご両親が高齢である為、引越しという煩わし
さを避けるためです。また、敷地内には代々手入れをされてきた樹木があり、極力
それを残す方向で計画・配置しました。写真は2階のフリールームから目の前に眺
めることが出来るよう残された立派な松の木です。
[PR]
# by studio03 | 2005-04-19 18:03
やまざくら
d0008402_1654016.jpg










事務所兼自邸の建設地は安曇野の烏川のほとりの松林の中にあります。
この松林は長年にわたり人の手が入らず、整備のされていない雑木林で
した。その結果、松は細く曲がりくねった弱いもので、冬のちょっとした雪
で倒れてしまうものもありました。また、他にもクヌギやブナ、クリ等の広
葉樹がありましたが、先述の細長い松が日光をさえぎる為生育の中々進
まない樹ばかりでした。

計画にあたり、建物の位置する所では必要最低限の樹は切るようにし、そ
の中でも広葉樹はなるべく残し、生育の難しそうな樹やこの先倒れる危険
がある樹は倒し、整備するようにしました。また予算の都合上、住みながら
整備出来そうなものはこの先少しづつ住人の手で行う事としました。

写真は上棟時や資材搬入時には少し邪魔になりそうでしたが、アプローチ
から絶妙な位置にある為、職人さんの理解を得て残した【やまざくら】です。
春になり、少しづつ芽吹いてきました。
[PR]
# by studio03 | 2005-04-14 17:37 | house03
ひつじ屋祭り
d0008402_19502884.jpgd0008402_1951989.jpg

9日の土曜日は先日行った「ひつじ屋プロジェクト」の打ち上げが行われました。

ひつじ屋プロジェクトに関わった人ばかりではなく、以前からひつじ屋さんと親交のある人達も加わり、総勢20人弱でひつじ屋カフェの完成をお祝いしました。当日は、一人一品料理を持ち込むという事で、たくさんの料理とお酒が用意され楽しく美味しい一時を過ごす事が出来ました。色々な所出身の人達が集まり、ワイワイガヤガヤと日が変わるまで宴が続きました。

ひつじ屋プロジェクトでは、お店の内装だけでなくお酒や料理も出せるように営業許可を取得するお手伝いもさせて頂きました。これからの季節に美味しい生ビールも提供出来るようになりました。また、随時食事のメニューも充実していく予定ですのでお楽しみに。
[PR]
# by studio03 | 2005-04-11 20:37
サワラノユカ
d0008402_20271181.jpg











studio03の事務所兼自邸ですが、リビングと寝室に床が張られました。

今回は、椹(サワラ)という種類の木を使用しました。
あまり床材には使用されない樹種ですが、木目が綺麗で色味がヒノキよりも
白く、やわらかい所が気に入り採用しました。

幅は200mmと広くした為、木曽の材木屋さんから材を取り寄せ大工さんに
フローリング加工をしてもらいました。当然無垢材のため、隙間が出来たりす
るのですが、それ以上に既製品ではない気持ち良さがあります。
[PR]
# by studio03 | 2005-04-06 23:48 | house03
DIYで壁塗り
d0008402_1884297.jpgd0008402_1885796.jpg

d0008402_18983.jpgd0008402_1892743.jpg

週末に、珪藻土の壁塗りを行いました。
この家は、昨年の秋頃に設計のお手伝いをさせて頂いたお宅で、現場は直接見ることが出来なかったのですが、リビング(吹抜を含む)とアトリエの壁を自分達で塗りたいとの事で、今回のようになりました。
施主の方は、首都圏にお住まいという関係で下準備・下地塗りは私達の方で、仕上げ塗りを週末を利用して皆で行いました。コテ痕をわざと付けるような塗り方で、中々面白い仕上がりです。
平に塗るのは難しいのですが、コテ痕を付けるような塗り方だと結構簡単気軽に出来ますので、壁が汚れているな、クロスが剥がれてしまったなという方は是非挑戦をしてみては。
[PR]
# by studio03 | 2005-04-05 00:15 | スタジオゼロサン
コンテナヴィレッジ
d0008402_204359.jpg












昨年夏頃から設計、秋から年始にかけて工事監理を行ったコンテナヴィレッジが、本日、テレビ朝日系の18:00~のニュースで取り上げられました。
このコンテナヴィレッジは、コンテナの手配から工事に至るまで大変だったのですが、コンテナを使用した屋台村として地域の話題としては大きく取り上げられ、これまでも把握しているだけで、
■新聞5紙
■雑誌2誌
■TV2社
で、記事として扱って頂きました。コチラとしては思いもよらない事で大変ありがたく思っております。
規模としては一店舗あたり7畳弱と小さく、客席も狭いのですが全部で8店舗ほどあり、この屋台村内でハシゴも出来るという仕掛。現在工事中の所もありますが、寿司屋・鉄板焼き・CAFE・焼き鳥屋・ラーメン屋等々ありますので、是非一度楽しんでみて下さい。
【コンテナヴィレッジ】
住所:長野県南安曇郡穂高町穂高4749(R147常磐町交差点南側)
営業時間:17:00~0:00(各店舗により異なる)
駐車場:店舗北側の通りを挟んだ向いに有り
[PR]
# by studio03 | 2005-04-01 21:21 | ショップデザイン
外壁塗装その2
d0008402_1425427.jpgd0008402_14252476.jpg

外壁のウェスタンレッドシーダーの実(サネ:板の断面凸凹の部分)の塗装です。

外壁の塗装を行ったのですが、その際、将来のメンテナンス軽減を考え、外壁張り付け前に実の部分の塗装も同時に行いました。この部分は張り付けると隠れてしまうのですが、時間と共に木は伸縮する為、張り付けた後で塗装をするとどうしても乾燥して未塗装部分が現れます。それを防ぐ為の一工夫です。この後2度目の塗装を行いました。

■ウェスタンレッドシーダー:米杉(ベイスギ)、カナダ杉(カナダスギ)とも言われ、耐久性があり、腐さりにくい樹種とされています。一般に使用されている木材の中では収縮率が非常に小さく、降雪・降雨による狂いが非常に少ない材として信頼されています。その為、外壁や、屋根にも使用されています。ちなみに、北米西海岸ではこれを「生命の樹」と呼び、魔よけのトーテムポール等にも活用されています。
[PR]
# by studio03 | 2005-03-29 17:06 | スタジオゼロサン
ひつじ屋プロジェクト
d0008402_121290.jpg









【製作中のパンフカウンター】

穂高の駅前ロータリーに、ひつじ屋さんというレンタサイクル&カフェがあります。ここは、安曇野を旅する人たちに自転車を貸し出すと共に、親切な観光案内を行っている所です。また、美味しいコーヒーを出すカフェでもあります。

スタジオゼロサンでは3月初めからこのひつじ屋の“「カフェはどこですか?」と聞かれないカフェになる”題して「ひつじ屋プロジェクト」に参加しました。これは、週末を利用してたくさんの方々に協力してもらい、雰囲気の良いカフェを作り上げようというものです。時間も予算も限られているものでしたが、楽しい体験でした。詳しい内容はココをご覧下さい。そろそろ完成です。
これから安曇野を自転車で旅するには良い季節です。是非ひつじ屋で自転車を借り、一回りした後は美味しいコーヒーをご賞味下さい。
[PR]
# by studio03 | 2005-03-25 12:41
外壁塗装その1
d0008402_2013765.jpgd0008402_2014997.jpg

外壁のウェスタンレッドシーダーの塗装前と塗装後です。

ブラックで色がキツイと思われがちですが、キシラデコールは浸透性の塗料の為、太陽光が当たると木目が見え、綺麗な仕上がりになります。
[PR]
# by studio03 | 2005-03-23 22:05 | スタジオゼロサン
キシラデコール
d0008402_18192925.jpg
今日は事務所兼自邸の外壁(ウェスタンレッドシーダー:耐久性が高く、外壁やデッキ材、屋根材としても使われます)に塗る為の、防腐剤兼着色料“キシラデコール”を仕入れてきました。
少しでも現場に関わりたいので、工務店の了解を得て、外壁の塗装は施主側で行う事にしました。塗料も様々な種類がありますが、今回はキシラデコールの“ジェットブラック”という色にしました。
[PR]
# by studio03 | 2005-03-22 18:39 | スタジオゼロサン