安曇野 設計事務所の家つくり
studio03.exblog.jp

設計事務所の仕事とその周辺
Profile
建築設計studio03
〒399-8305
長野県安曇野市穂高牧160-3
TEL/FAX 0263-83-7903
★問い合わせ★
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
以前の記事
ブログジャンル
<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
有明山のそば よし野
d0008402_08544540.jpg

ブログ休止直前の記事でアップした店舗物件。
穂高の有明山神社近くにある『有明山のそば よし野』

中古別荘だった物を購入し、そちらを店舗へ改装。
極力予算を減らし、セルフビルド出来る所とプロに任せる所を明確に分け、
上手にコストコントロールしてオープンに漕ぎ着けました。

開店から4年経ち、嬉しい事に駐車場が足らないとの事で、
薪置き場として使っていた空地を整備し、駐車場を増やしました。

肝心の蕎麦はとても美味で、何と言っても最初に蕎麦の味をじっくり
味わう為に塩で頂く一口がその味の確かさを物語っています。
十割も有りますが、二・八蕎麦もとても美味しいです。
分かり難い場所に有りますが、是非お越し下さい。


長野県安曇野市穂高有明7557-9
電話0263-83-8303
営業時間11:00~14:30頃
定休日 金曜日

駄洒落ばかりの店主のブログもどうぞ↓

有明山のそば よし野


[PR]
by studio03 | 2017-06-26 08:00 | ショップデザイン
夏空の地盤調査
d0008402_19311610.jpg

梅雨入りしたはずの信州・安曇野
『ちいさなこうえん』で、なぜか広がる夏空の代名詞、入道雲

それでも風のある木陰に入るとまだまだ快適

地盤調査の結果は一ヶ所スル~って場所が有りましたが
設計通りのベタ基礎でOK!ここも一安心。
こちらももう少しで着工です。


[PR]
by studio03 | 2017-06-20 08:00 | ちいさなこうえん
底抜け、現場打合せ!
d0008402_13192195.jpg

東京で計画中の『Ron's cafe

実施設計・見積りと進んでいます。今回は現場にて各職人さん達と実施図を基にした
現場打合せ。現場はクライアントさんにも動いてもらい、古畳の撤去をした状態に。
さすがに築50年の建物では、畳の荒床は傷んでおりました。職人さん達、
落ちる落ちる(笑)
それでも土台や根太の部分は腐っている所も少なく、
多少の入れ替えで済みそう。一安心。

遠方という事で、初めての職人さん達とも打合せ出来て、こちらも一安心。
もう少しで着工です。


[PR]
by studio03 | 2017-06-15 13:40 | Ron's cafe
大人の社会科見学
d0008402_11512008.jpg

























先日、依頼されている企業の箱文字看板製作の状況を見学に行って来ました。

以前からお付き合いの有る会社で、何度もお願いしているのですが、数年前に
工場移転してから伺うのは初。おまけに実際の製作過程を間近で見せてもらうのも
初体験。
今回の看板に必要な機械だけではなく、その他も機械も含めて丁寧に説明を
して頂けました。中には数千万円という大型のNCルーターや
インクジェットプリンタなども有りました。

それらを使いながらも最後の仕上げは職人さんの手で行っているという話しを聞き、
作業を拝見すると頭の下がる想いです。建築もそうですが、この看板製作という仕事も
人に支えられて成り立っている事が改めて分かります。

この箱文字には今後LED照明が内蔵され、バックライトとして夜間には壁面に企業ロゴが浮かび上がります。

それにしても興味深く面白い見学でした!
お忙しい所、丁寧にご説明頂きありがとうございます。
d0008402_11543916.jpg




[PR]
by studio03 | 2017-06-12 08:00 | ショップデザイン
新築か?改築か?
d0008402_19571374.jpg

















海外からのお問い合わせ。
帰国に合わせてご両親との同居、若しくは近居をお考えとの事。

近隣の土地に新築?母屋を減築した上で別棟新築?改築しての同居か?
色々な選択肢が有る中、プロの意見を求められました。
メールでの問い合わせ段階では、建物の性能や構造的な問題等を考慮すると
近隣に新築かな、と思いました。
ところが現地に伺って、母屋を建築当時の図面も照らし合わせながら、
インスペクションを行うと、建物のエネルギー性能や構造的な補強が
必要なものの、丁寧に造られた住まいで規模も2世帯化するにも充分な
大きさに感じられました。
ただ今までゆとりを持った広さで暮らしていた所を利用しての、3世代2世帯化。
しかも完全2世帯(出入り口・水周り等も分離)を考えているとなると
難しい選択です。設備や構造・性能等のインスペクションの結果のみならず、
これからのそれぞれのライフスタイルをどう考えていくかによって、
進むべき道が決まるだろうと思います。考えられるあらゆる可能性を
意見させて頂きました。

さて熟考の結果は如何に。


[PR]
by studio03 | 2017-06-06 08:00 | スタジオゼロサン