安曇野 設計事務所の家つくり
studio03.exblog.jp

設計事務所の仕事とその周辺
Profile
建築設計studio03
〒399-8305
長野県安曇野市穂高牧160-3
TEL/FAX 0263-83-7903
★問い合わせ★
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
以前の記事
ブログジャンル
<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
建築士会~関ブロ群馬大会~
d0008402_20173180.jpgd0008402_2018987.jpg


6/17・18に群馬県の伊香保に行って参りました。
というのも、昨年暮れに建築士会というものに入会したのですが、その
建築士会の関東ブロックの会合(?)が群馬県で行われ、地元の諸先
輩方に誘われ参加してきました。

内容は、各都県・各支部の一年間の活動の場の発表を行うというもの。
その内容は、耐震についての実験や、歴史建物にまつわる調査等々、
建築に関するもの全般。また、初の試みとして実際にある敷地を想定し
てのコンペも行われました。

それに絡めて、群馬のキモチイイ建物を幾つか見てまわりました。

先ずは、伊香保グリーン牧場内にある、磯崎新設計の『ハラ ミュージア
ム アーク』。三つのギャラリーで異なるテーマの企画が催されておりま
した。その内の一つに草間彌生のインスタレーションがありましたが、そ
の内容は建築を上回るものでした。必見の価値ありです。

次に、原広司+アトリエ・ファイ建築研究所設計の『水沢うどん大澤屋 
遊喜庵(茶室)』。私設なので写真は載せませんが豪華なものでした。

最後に、少し伊香保とは離れますが、ヨコミゾマコト設計の『新富弘美術
館』。手足の自由を失った、星野富弘の作品を展示した美術館。正方形
の中に、20数個の円筒を設置したプラン。

いくつかの建物を見学し刺激を受けて帰路につきました。きついスケジュ
ールでしたが、有意義な週末でした。
[PR]
by studio03 | 2005-06-21 20:49 | スタジオゼロサン
この夏、オープン!
d0008402_1235513.jpgd0008402_1236348.jpg


今年の初め頃から少しづつ進めていたカフェバーの計画が、現在
実施設計真っ最中です。

喫茶店として30年間お母さんが昼間営業してきた店を改装し、昼は
今まで通り喫茶店として、夜は2人の娘さんがカフェバーとして営業
する事となりました。

ポイントはこれまでの喫茶店と夜のカフェバーの雰囲気をどう融合さ
せるかという事。
図面に書くだけでなく、内観の模型を製作し、検討していきます。これ
は、図面と頭で描いていた物の確認作業になります。また、お客さん
に対しては図面として2次元でしか分らなかった物を3次元で示す事
が出来、計画をより一層理解して頂けます。

最近、医療の現場で『インフォームドコンセント』という言葉が取り上げ
られておりますが、私達も建築というお金も時間も掛かる行為に対し
て、少しでもお互いの誤解や不安をなくすために色々な方法で説明す
るように心掛けています。

梅雨入りした安曇野ですが、初夏オープンに向けて作業を進めてい
ます。
[PR]
by studio03 | 2005-06-19 13:16 | ショップデザイン
自邸プレイバックPART8~地鎮祭~
d0008402_10595186.jpg


家の建つ位置の伐採・伐根が終わった所で地鎮祭を行います。
別名『とこしずめのまつり』とも言い、土地の神様に祈りを捧げ、
工事の無事と施工関係者の安全を祈願するものです。神主さん
のお払い等の後に土地の四方を鬼門から祓い清めるため、塩・
お酒・水でお清めします。そして、施主や施工者による鎌入れや
鍬入れを行い、参加者全員で玉串を祭壇にお供えし、2礼2拍手
1礼をします。
簡単に書きましたが、このような流れで、式自体は30分程で、終
了します。

d0008402_17512171.jpg












【鬼門柱:建物上棟まで設置】

[PR]
by studio03 | 2005-06-13 17:53 | house03
自邸プレイバックPART7~大木伐採・伐根~
d0008402_1913030.jpgd0008402_19131117.jpg

d0008402_19132258.jpgd0008402_19133513.jpg


見積もりがほぼ固まった所で、プロによる大木の伐採・伐根に入ります。
なるべく樹は切らない予定ですが、計画地が松林の先の川沿いに面し
ている為、資材の搬入路の確保の必要があります。ここはそのまま、電
気・電話・水道・CATV等のライフラインの経路としました。当初は、景観
も配慮しこれらの地中埋設も計画したのですが各種の制約と費用の関
係で、断念しました。その代わり敷地内に立てる電柱はその数を減らし、
且つ目立ちにくい所に設置しました。

背の低い雑木の伐採は素人にも道具があれば出来ますが、さすがに高
さ10mを越えるような木は電線に掛かる恐れや、思わぬ方向に倒れる危
険があるため、プロの手に委ねました。また、伐根も怠ると基礎工事に影
響が出たり、配管の不具合に繋がる為ここでしっかりと行います。
こうして倒された木は材木市場に運ばれ、構造材や下地材として利用し
て頂きます。そうする事で、切った木を無駄にする事無く済みました。

しかし、話を聞くとここ最近は安い外材の影響で、切り倒されたまま(搬出
にかかる手間の方が大きいので)になるケースもあるようです。建築に携
わり、木を使う立場としては考えさせられる問題です。

※松の木に巻いた赤いテープは『伐採しないで残す』という意味です。
[PR]
by studio03 | 2005-06-08 19:32 | house03