安曇野 設計事務所の家つくり
studio03.exblog.jp

設計事務所の仕事とその周辺
Profile
建築設計studio03
〒399-8305
長野県安曇野市穂高牧160-3
TEL/FAX 0263-83-7903
★問い合わせ★
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ブログジャンル
カテゴリ:スタジオゼロサン( 137 )
2018 今年も宜しくお願いします。
d0008402_08513143.jpg
新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。


始動に当たり、地元の神社『有明山神社』にお参りしてきました。

参拝を終えたところ、神社の方に声を掛けて頂き、普段は鍵の掛かっている
神楽殿の、81枚からなる『神楽殿格天井絵』を拝見する事が出来ました。

さらに普段はスルーの御神籤を引いた所、なんと大吉。

良い一年の幕開けとなりました。






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by studio03 | 2018-01-09 09:08 | スタジオゼロサン
安藤忠雄展~挑戦~
d0008402_19040342.jpg
週末はお江戸、国立新美術館で開催中の『安藤忠雄展~挑戦~』に行って来ました。
2008年、ギャラリー間で観た『住吉の長屋』以来の1/1原寸大の展示、『光の教会』。
d0008402_19062678.jpg
その他にも直島のインスタレーションやこれまでの仕事や進行中のプロジェクトまで
模型や実施図をこれでもかと展示する会場。
開場時間に合わせて出掛けたのに、業界関係者から学生さん、はたまた一般の方々まで
溢れかえる人の多さに安藤ケンチクの懐を感じます。

たっぷりと時間を取って、ぶっちゃける安藤氏の音声ガイダンスを楽しみました。
『施主に賞をあげるべき』『安藤さん、屁理屈言うな』は、必聴。
d0008402_19232729.jpg

その後はこれまた行ってみたかった、ブルーボトルコーヒーへ。
シンプルでローコストの空間に商品への自信と威力を感じました。
d0008402_19265967.jpg
その後ミッドタウンや21_21 DESIGN SIGHTを見て廻り、
d0008402_19294377.jpg
目黒に移動した後は、これまた一度行ってみたかった家具屋通りを
ブラブラとしてお腹イッパイのオノボリサンとなりました!









[PR]
by studio03 | 2017-11-28 08:00 | スタジオゼロサン
既存住宅状況調査・実地講習会
d0008402_07494787.jpg
週末、佐久市で開かれた『既存住宅状況調査・実地講習会』に参加しました。

既存住宅状況調査:いわゆるインスペクションと呼ばれている業務。

建築士会佐久支部さんの支部内の講習という事で企画したものを受けさせて
頂きました。これから中古住宅の売買時に採用される機会が増えるであろう調査を
実際の建物を使用しての講習会は、資料やパワポで座学で学ぶより、更に理解が
深まるという点でありがたいものでした。

これまでにも数軒、中古住宅購入時のホームインスペクションを行いましたが、
その建物毎に調査できる範囲や内容が異なる事もあり、その場その場での臨機応変な
対応が必要になる調査です。
既に海外では中古売買時のインスペクションは売主負担で、その修繕まで行う事が
決まっている所もあります。日本ではまだまだその入口に立った位ですが、
専門の知識を持った建築士が住宅診断を行う事で、中古住宅市場の活性化や
空き家ストック解消へ弾みが付きそうです。



[PR]
by studio03 | 2017-11-21 08:30 | スタジオゼロサン
+ shelter/プラス シェルター
d0008402_15395756.jpg


進行中の物件

名称:+shelter(プラス シェルター)
場所:安曇野市
内容:増築工事にシェルターを併設
状況:工事中

新築工事でも増築工事でも基礎工事を行います。
その基礎を深くする事で、地下部分にもう一つ空間を設ける事が出来ます。
増える点と言えば、掘り出した土の処理・鉄筋・型枠・コンクリート・防水工事、
でしょうか。

コンクリートを打った外周部に断熱材を施せば、内部はそのまま打ち放しの
仕上げで内部空間が完成します。

そこは深さにもよりますが、シアタールームや男の隠れ家的な空間、有事の際の
備蓄倉庫としても使用できそうです。某国からのミサイル発射なんて言うのも
有りますから、防災シェルターとしての役目も果たせそうです。

[PR]
by studio03 | 2017-11-09 15:41 | スタジオゼロサン
ワークショップあれこれ

ワークショップ
学び創造問題解決トレーニングの手法である。参加者が自発的に作業
発言をおこなえる環境が整った場において、
ファシリテーターと呼ばれる
司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される
形態が
ポピュラーとなっている。(wikipediaより)

この所、ワークショップが続いている。

通常の仕事としては、依頼された住まいや店舗の設計を行い、その工事の
監理を行っている。そしてその延長としてのワークショップも有れば、
所属している団体(建築士会・建築士事務所協会)への協力という形での
社会貢献活動に近いで参加するワークショップも増えている。

そんなここ最近行ったワークショップをを纏めてみた。


『壁塗りワークショップ』

d0008402_14470520.jpg

先日完成した『Ron's cafe』の店内の壁を、オーナーの知人・友人に
参加してもらっての壁塗り作業。材料の特徴や性能を説明し、塗り方のレクチャーを
行いながら、内装を仕上げていくという作業。完成後はその出来を気にしながらも
それぞれ仕上た壁に愛着が湧き、集客にも繋がるという利点も。


『コンテスト応募の為のワークショップ』

d0008402_14565740.jpg

高校の建築科の生徒さんを対象に行った、ワークショップ。
2週に渡り行い、課題の説明や読み込み、キーワードの選定やエスキスの指導。
ワークショップの合間には私達の仕事の一例を出しながら、コンテストへの
取り組みを説明した事で、目指す業界の実務を少しは伝えられたような。


『施設建替の為のワークショップ』

d0008402_15053928.jpg
大規模な予算で行う事業の設計条件の洗い出し。
関係者が多数いる中で、それぞれの要望・条件をピックアップしながら整理し、
諸条件の問題点や展望をパターンランゲージによって導き出しました。


『積木ワークショップ』
d0008402_15165828.jpg
安曇野市で取り組んでいる松枯れの仕組みと現状・対策、その際に発生する松枯れ材や
それ以外の地元材の利用促進等を周知する事を目的の一つとして製作した2万個の積木を
使ったワークショップ。
小さな子やその保護者の方達を対象に、積木のスピード積み上げ競争や地元の山で
起きている問題を子供達にも分かりやすく説明する為の紙芝居。最後には2万個全てを
使った巨大積木の完成・崩壊までを楽しむ。


各回、ファシリテーターとして参加したのですが、如何に前向きで建設的な意見を
引き出していくかが、鍵となる重要な役目だと改めて実感。
いつもの仕事とはまた違った体験ですが、これを普段の作業にもフィードバック出来ると
気付いた貴重な体験でした。





[PR]
by studio03 | 2017-10-16 15:21 | スタジオゼロサン
エココンテスト指導@池田工業高校

先週・先々週と2週・4時間に渡り、長野県建築士会主催による
第10回 信州環境ECOコンテストへ学校として参加表明頂いた池田工業高校へ
その取り組みへの事前指導として安曇野支部・大北支部の有志で授業を行って来ました。

d0008402_09210428.jpg


第1週目は、コンテストの主旨やテーマ・提案条件の解説や読み砕きを行い
高校生にも伝わりやすい言葉や表現で説明し、エスキスの手掛かりとなる
キーワード選定のコツを説明致しました。

次週は5グループに別れ、各グループに2人の建築士が指導に当りながら、
それぞれ選んだキーワードをコンテストのテーマである
『おもてなしの家』に繋げ、それを表現するにはどうしたら良いか?
という事をワークショップ形式で行いました。

高校生の皆さん、選んだテーマに真剣に向き合い、悩み、
手が止まったりしつつも、自分の意見を課題に活かすように
エスキスを進めておりました。

終了後には生徒さんからは『集中して取り組むうち、あっと言う間に
時間が過ぎて行きもっと時間が欲しかった』という意見や、
担当の先生からは『主体性に欠けると感じていた生徒達が
積極的に取り組み自らの考えを発言しているだけでも
大成功だったと思っております』等の感想を貰い、
我々としてもとても満足のいく授業が出来たと思っております。

ワタクシ、開始直後は緊張して滝の様な汗が
背中を伝っていたのはココだけのお話です。笑


[PR]
by studio03 | 2017-09-19 09:46 | スタジオゼロサン
複合ビル コンバージョン 事例02

以前お伝えした複合ビルコンバージョンの事例その2です。

d0008402_09041088.jpg

こちらの部屋はよく有る3点ユニットを組み込んだ1Rでした。
供給過多になりつつある賃貸市場において、いまどき3点ユニットは
競争率の点では不利な状況。

そこでトイレを分離し、浴室+洗面所を広く取る事に。
ここでもROIを意識して、浴室は新品のUBに入れ替えるのではなく、
既存をそのまま使用する事に。

またキッチンもCPの優れた物を使用しつつ、対面式にする事で
一般的な1Rの間取りと差別化を計っております。

これらのノウハウは現在広がりつつある、リフォーム・
リノベーション市場にも今後活かして行けると思っております。


[PR]
by studio03 | 2017-09-07 09:15 | スタジオゼロサン
快適化工事 終了
d0008402_09042684.jpg

快適化を進めていた松川村での工事がお盆前ギリギリに引渡しとなりました。
従前通り使用する家具も場所を変え目論み通り納まり、以前よりも明るく
風通しの良い間取りとなりました。
それに加え、断熱材や構造の補強、インナーサッシ設置、木質化により、
住まいの快適化が進んで喜んで貰えました。ありがとうございました。


[PR]
by studio03 | 2017-08-14 15:16 | スタジオゼロサン
快適化工事 ゾーン断熱+アルファ
築30年超の住宅の快適化工事です。
そもそものご相談は、ご夫婦二人の生活となり暮らしをコンパクト化する事でした。
d0008402_10504663.jpg



















今までは水回りと繋がった台所と居間を、収納が分断する形の間取り。
それを水周り~台所~居間が繋がる形での動線の快適化。
そして断熱強化・構造補強という環境の快適化。
更には年齢を重ねた時の対応も見据えた将来の快適化。

d0008402_10510857.jpg



















暮らしのコンパクト化をする事により、家全体に予算を掛かる工事ではなく、
使用頻度の高い部分を、ゾーン断熱したり木質化する事により、
密度の高い予算の使い方が出来ます。再利用できる物、更新する物を
それぞれ相談させて頂きながら快適化工事が進んでいます。

d0008402_10544321.jpg


[PR]
by studio03 | 2017-07-26 11:04 | スタジオゼロサン
シート防水
岡谷・諏訪地域で歴史有る企業様から築40年超の鉄骨3階建て
(一般的な高さだと4階建て以上)の精密機械業の工場の防水工事を依頼されました。
工事前は使用されなくなった様々な室外機がこれでもかと置かれておりました。
その設置部分や長年の劣化部分から雨漏りがあると相談を受けての今回の工事です。
d0008402_19224283.jpg
不要な室外機の撤去により、建物の荷重も軽減され耐震的にも良い方向に
向く今回の工事。要らない配管は切除・穴埋めを行い、今後の工場の使用方法によっては
使う可能性の有る部分については、再利用可能な収め方により防水施工致しました。
d0008402_19230099.jpg
最近ではゲリラ豪雨が多発する気象現象の中、精密機械業というシビアな条件でも、
安心した環境で仕事を行って貰う為の『転ばぬ先の杖』的な工事です。
職人さんには茹だる様な天候の中、作業して頂きました。
お陰で綺麗に収める事が出来ました。ありがとうございます。



[PR]
by studio03 | 2017-07-13 08:00 | スタジオゼロサン